婦人

カタログギフトで日頃の感謝の気持ちを伝えよう

金額に注意しよう

内祝い

出産内祝いは子供が生まれてから1ヶ月後に贈ることが多いです。相場としては頂いたものの半額を贈るようにします。高すぎても安すぎても失礼になってしまいますので、気をつけてください。

もっと読む

通販で安くする

カタログ

カタログギフトは通販を利用すれば割引価格で購入することができます。出席者が多ければ多いほど引き出物に使うカタログギフトの値段を安くすることが可能です。少なくとも数万円は安くなります。

もっと読む

選べる種類が増えた

女性

以前はそこまで品揃えが良くなかったカタログギフトですが、最近ではクオリティや量が良くなってきています。例えば、単調だったカタログギフトの商品が、宿泊券やレストランでの食事券、マッサージなど幅広い商品を選ぶことができるようになっています。このような商品には期間や地域に制限を設けられていることがありますが、それでも以前と比べると品質が良くなっています。また、国内の商品だけでなく海外の商品を扱うカタログギフトもあります。伝統工芸品や地域限定商品を選ぶこともできます。通常だとカタログギフトは載っているものしか選ぶことができないのですが、ホームページに載っていないような商品を選ぶことができるカタログギフトもあります。また、カタログギフトは販売している会社が商品を選ぶのですが、購入者が商品を選べるようなものもあります。そのようなサービスは購入者が贈りたい人の好きなものを考えて商品を選ぶことが可能です。
カタログギフトを贈るのは結婚式の引き出物や母の日、父の日などで使われることが多いですが、様々な場面で利用することができます。例えば、誕生日プレゼントやちょっとした贈りものなどにも使えます。特別なときだけでなくお礼の品としても贈れるので、利用してみてください。ただ、販売している会社やプランなどで選べる商品が異なるので、カタログギフト選びには慎重になりましょう。年齢や性別によって好みなどが異なってきます。相手に合わせたものを贈るようにするべきです。

奇数の品を贈る

贈り物

引き出物を贈るときには、偶数のものを贈ってはいけません。1点または、3点で贈るといいです。全ての人に同じようなものを贈ってもいいのですが、年齢や性別で分けると良いでしょう。

もっと読む